ブログ

  • 小林朋継さんの休日

    読書は知識を得るだけでなく心も穏やかにしてくれるものである。書物に没頭し何もかもを忘れて字を目で追っていくのは非常にリラックスするものだ。その虜になってしまったのが小林朋継さんである。彼の家に書斎はないのだが、敷地内に離れを持っている。都内にあるその土地は先祖代々引き継がれてきた…

  • 萩広史がワインに魅せられたきっかけ

    萩広史は都内在住、54歳になるレストラン経営者のオーナーシェフで、プライベートでヴィンテージワインを1万本以上も収集しています。ヴィンテージワインのコレクションはマス層の人間でも行えるプチ贅沢な趣味ですが、せいぜい数十本程度を保管できるワインセラーに納まる程度のパターンが大半です…

  • 大坪義明は世界を旅する

    大坪義明は、ほとんどお金を持たない状態で、国から国へと移動していく旅人です。大坪義明の旅は、彼が大学生のとき、中国からスタートしました。彼は長い浪人時代を経た後になんとか大学に入学したのですが、大学の雰囲気が肌に合わず、しばらく自分や世界を見つめ直す旅に出ようと思い立ちました。彼…

  • 大渕愛子の知性

    最近テレビでよく見かける弁護士と言えば大渕愛子なのではないでしょうか。彼女のルックスだけ見るとモデル、あるいはタレントさんかと思うかもしれませんが、彼女は弁護士です。東京弁護士会に所属している弁護士で、2001年より弁護士として活動しているれっきとした弁護士です。弁護士ですから喋…

  • 大濱民郎の感性

    インターネットでは何が流行を生むのか分かりません。むしろ誰もが簡単に情報発信を行える時代です。何がきっかけでアクセスを集めるようになり、一躍「人気者」になるのかは分かりません。大濱民郎もその一人です。大濱民郎はとあるアメ車を多数保有しています。それはリビエラです。とても格好良い車…

  • 新聞について

    さて、最近新聞を読むことを始めました。今更、新聞と思うかもしれませんが読み始めてみると意外と新聞って凄いんだなという事実に気が付きます。例えば、新聞は一面に記事が所せましと書かれているように一見すると見えます。しかし、実際には折りたたんだ時などの際に次の記事が探しやすいように文字…

  • 片山哲也を形成する三つのことについて

    片山哲也は決しておしゃべりな人物ではありません。仕事場でもプライベートでも、口数がとても少ないのですが、彼のそばにはいつも人が絶えません。上司には何かと頼りにされ、部下に慕われてもいます。行きつけの飲み屋では一品、好意のつまみが付け足されたりもします。それは何故なのでしょうか。そ…

  • 小学校教師である八ツ田和夫さんの愛される理由

    八ツ田和夫さんは兵庫県の山よりの町で小学校教師をしています。その町はいわゆる郊外のベッドタウンで、受け持つ生徒たちも余所の土地から引っ越してきた子たちが殆どです。八ツ田和夫さんは元々その町の出身で、町内でも数少ない地元民です。そんな彼にとって、都会であったりさらに田舎であったり、…

  • 金昌宏の仕事

    金昌宏は、デザイナーの仕事をしています。彼の仕事ぶりは高く評価され、近々事務所も持つそうです。ハイブランドのデザインを作る技術を持っていながら、彼は常に謙虚に振る舞っています。もっとも、彼がデザインするのは服全体ではなく、服の裏地の裾の部分。ピンポイントで製作することが精一杯で、…

    金昌宏
  • 人に優しい小田倉哲治氏は人に優しい夫婦になれたのか

    小田倉哲治氏は人懐っこい人でした。初対面の人とでもすぐに打ち解けてしまうような人です。彼がニコニコっと笑うと誰でもつられて一緒に笑ってしまいます。決して人を不愉快にさせるようなことがなく、場を盛り上げ誰か困っている人がいないかさりげなく見渡すことができる彼を悪く言う人はいませんで…

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る