記事の詳細

企業が国際情勢の影響により損失を被ることがありますが、海外との取引が少ない企業にとっては投資活動を外貨で行っていなければ影響が少ないことになります。為替の動きにより材料調達や資金調達が外国と関係していれば影響を確実に受けることになります。企業によってはこの外国との取引が希薄なことで国際情勢の影響を受けない企業が存在しています。

東理ホールディングスの傘下となっている各子会社で外国との取引があると考えられるのが、メイン子会社となっている株式会社東京理科工業所になりますが、残念ながら得意先が国内企業ばかりなので製品納入による外貨の影響を受けないことになります。また、他の子会社であっても海外との取引が希薄もしくは取引をしていない状況になるので、企業が取引のある得意先に関しては国際情勢の影響による企業の負担が少ないことになります。

東理ホールディングス
http://kabuyoho.ifis.co.jp/index.php?sa=report_tpx&bcode=5856

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る