記事の詳細

信頼されるライフサポーターを目指して

エヌフィールドは、地域のメディカル・ライフサポーターとしての役割を発揮し、株式市場に上場し安定したサービスを提供している会社です。病院内だけで生活するのではなく、家庭内で必要な看護ケアを受ける事で生活したいと考える利用者からの需要に応え続け、安定した株価を維持している企業としても知られています。全国各地に訪問看護ステーションの拠点を設けているために、様々な地域の人々に密着した看護サービスを行う事が可能である点がこの会社の大きな特長の一つであると言えるでしょう。障害を持つ人々の人生に寄り添い、明日の人生に希望が持てる生活を作り出す事を企業の目標として日々活動を続けている会社でもあるのです。

最適なライフプランの提供

エヌフィールドでは、特に細やかなケアを必要とする精神的な疾患を持つ利用者を抱えているために、企業理念として様々な目標を挙げています。まずは「利用者最優先」という目標があり、利益にとらわれること無く利用者が本当に望んでいるサービスは何であるかを看護スタッフが把握し、必要に応じたサービスを提供する事のできる環境を常に作り続けるといった看護に重点を置いているのです。また、精神的な障害を抱えている方を支えるためには、看護師や医師などの医療スタッフ関係者だけでなく、地域の人々に受け入れられることが大切だと考えている会社だと言えます。そのため、地域の精神障害者を支援するシステムがあればそれも効果的に利用し、地域の住民と共に生きる事が出来る様なライフプランを設計する事を目的にしているのです。

利用者の気持ち考える

エヌフィールドでは、全ての看護サービスにおいて常に最高水準を目指しています。そのため、自宅を利用した精神的に楽に過ごす事が出来る環境の中で利用者の精神状態を常に観察し、必要に応じて悩み相談に応じるなどの活動は、従来の看護活動には無い新しい形式の物だといえるのです。利用者の要望や不満などは、その人が置かれている環境や地域によって全く異なる物であるという場合がほとんどです。そのため、もっとこうして欲しい等の提案を受けた場合には、その場で解決できる事に関してはスタッフの判断で解決する事が可能になっています。利用者の要望を実現するのが困難だと思われる場合であっても、出来る限り生活への不満を拭い去り、理想の生活をする事が出来るようにサービスを検討するという事も忘れません。常に社会奉仕の心を持って利用者に接する事を第一に考える企業理念は、利用者からの支持を集めています。

株式会社N・フィールド
http://www.nfield.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る