記事の詳細

競馬情報サイトのシンクタンクでは錚々たる顔ぶれが在籍しています。
騎手時代、ハイセイコーやダイナガリバーなどのコンビでお馴染みだった「マッサン」こと増沢末夫元調教師。
また、美浦トレーニングセンターを代表する名トレーナーだった境勝太郎調教師を父に持ち、自らも調教師としてシンボリクリエンスという名障害馬を手がけた境征勝元調教師。
伝説の2冠馬サクラスターオーの管理調教師だった平井雄二元調教師。
マルゼンスキーの主戦騎手で、同馬に日本ダービーへの出走権がないことについて、あの「大外枠でもいい・・・」という日本競馬史に残る名言を残した中野渡清一元調教師。
テンポイント、トウショウボーイと共に「TTG時代」を築いたグリーングラスの手綱を取った安田富男元騎手。
騎手や調教師としての実績だけではなく、その人柄に惹かれ、多くの厩舎関係者や牧場関係者との人脈を築き上げた人たちばかりです。

その中でも増沢末夫元調教師は「競馬ファンのためにもう一肌脱ぎたい」と語り、競馬業界と飛び回っています。
そんな熱い思いが周りにも伝染し彼を慕う厩舎関係者や牧場関係者の想いが形になったのが「シンクタンク」です。

シンクタンクが掲載している情報は、取材関係者には言えない情報が集まっています。それはもちろん増沢未夫元調教師をはじめ各トラックマン達の人徳があるからこそ手に入るものなのです。「お世話になった大先輩だから」という思いで現役の調教師や騎手が語り、情報を提供してくれています。

また、今はトレーニングセンターの外にある育成牧場での調整も重要な意味を持っていますが、育成牧場への取材は競馬専門紙もスポーツ紙も、まだまだ十分であるとは言えません。そんな育成牧場からのホットな情報も「シンクタンク」には多数掲載されています。そんな話の一つ一つは一般の競馬ファンにとって他では目にすることがなく、常に驚かされるものばかりです。

「独自情報」を謳い文句にするところも他にありますが、取材によって引き出されたありきたりな情報ではなく、人脈によって集まってきた確かな情報を扱っているシンクタンクは他の情報サイトと一味違うことがすぐにお分かり頂けるのではないでしょうか。

競馬界の一時代を築き上げたレジェンドと呼ぶべき人々によって集められた情報を見ることができるのは今のところ、シンクタンクだけです。シンクタンクを活用することで今までとは違う競馬が楽しめることでしょう。

シンクタンク
http://www.t-tank.net/login/index.html

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る