記事の詳細

UTエイムは製造アウトソーシングサービス事業を事業内容として、1995年4月に設立されました。
一人ひとりの専門的な技術の向上を図りながら、組織としての能力も高めていくことを企業の理念としています。また業務を一括で請け負うことにより、お客様の経営効率の向上をサポートしていくことも目指しています。
UTエイムはこうした理念に基づいて、お客様とのパートナーシップを築き上げながら、人材供給型のアウトソーシングでは超えられなかった限界点を突破することを目的として、日本の製造業界における競争力を高めていこうとしているのです。このような方針が未来のために有効な方法だという考えを持っています。
この専門的な技術の向上と業務を一括で請け負う方針は、お客様にメリットを生み出すだけではありません。このUTエイム独特の方法は働く人々の高度な物作りへの挑戦を促します。そういった挑戦は今まで以上の大きな成果へと繋がっていき、達成感を生み出すことにもなってくるのです。
日本の物作りを支えていき、製造の力を強くする会社でありたいという社長の願いは社員にも受け継がれています。その結果、全ての社員がいきいきと活躍する会社になり、国際社会でも競争できる力へと向上させることを求めている製造業の方々のサポートにも繋がっています。
またこれからをになっていく存在として意欲的な若者の成長を促していくことで、この企業も成長を続けているのです。
国内での人材の確保や技術の継承は国内全体の経営の問題点でもあるので、企業の理念をもとに日本国内の製造業の高度な技術を受け継がせることや製造に関する意欲の高い人材を確保する手伝いを行う存在になっています。

UTエイムは半導体の分野において製造アウトソーシングの実績や社員の定着率の高さについての高い評価を得ています。
UTエイムはその自信からサービスの分野は幅広くなってきています。
まず高い評価を得ている半導体や電子部品、IT機器、デジカメ、電化製品、液晶パネルなどを扱うエレクトロニクス産業です。
次にリチウムイオン2次電池やバッテリー、1次電池、燃料電池、家庭用の発電システムなどを扱っている環境とエネルギーの分野です。さらには自動車関連の分野として自動車の部品における溶接や塗装、加工から組立や検査に至るまでの作業を行うサービスも提供しています。
住宅や建設の分野ではガラス繊維の断熱材、洗面台やトイレなどに使用する衛生陶器からスチールドアまで取り扱いを行っています。
他にも部品の加工や成型の分野では金属部品や樹脂の製造、プラスチックの成型、さらにはセラミックス製造のサービスにも範囲が及んでいるのです。その技術力がさらに発展して、飛行機の製造や医薬品の製造、化粧品の製造にも携わるようになりました。
UTエイムの製造アウトソーシング事業におけるサービスは半導体の分野であるエレクトロニクス産業を中心に幅広く取り扱われており、より多くの製造業界への貢献に努めているのです。またこれらの幅広い範囲へのサービスの提供がお客様とのパートナーシップを高めることにも繋がっていると言えるでしょう。こうした努力と技術の高さが日本の企業へと浸透していけば、この企業の願いが叶う道にも繋がっているでしょう。
今後も高い技術が求められている職場での品質の高いサービスを提供することが求められているので、質の高い技術がこれからも良い評価を受けるかもしれません。

UTエイムは品質の高いサービスを提供するための方法として「規律」「革新」「連携」と呼ばれる3つの柱を掲げています。
まず「規律」ですが、UTエイムではお客様の職場を適正に管理するという目的から、社内にコンプライアンス委員会の制度を導入することや階層別に分けられたコンプライアンスの教育を導入するといった取り組みを行っています。また安全衛生管理部、地域エリア生産部、営業本部、請負推進部と呼ばれる4つの部署を設けて、1つの職場をサポートする体制を整えて、コンプライアンスの違反から、その要因となった可能性まで徹底的に調査を行い、対処するようにしています。
次に「革新」です。製造業の経験者や管理者を中心に組織の構築を行い、生産の革新のために生産性の改善や無駄の排除を行うことを目的とした改善の活動などを執り行っているのです。全体を管理するマネージャーを配置して、各工程の管理者へと指示を行い、生産の進捗を工程管理者の下にあたるシフトリーダーが管理するといった仕組みになっています。
最後に「連携」です。「連携」は製造安全委員会の情報を徹底することから始まり、生産の改善や人材の育成活動に至るまでのさまざまな事例をUTエイムとお客様で協議会を発足させて話し合うことです。この取り組みが製造力を強化することや品質の安全性を高めることに繋がるのです。また協議会とは別に小さい集団活動を行っていくことで、個人に対しての細やかな対応も可能にしている仕組みでもあります。

UTエイム株式会社
http://www.ut-aim.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る