記事の詳細

今回のSK通信では台風被害についてご紹介いたします。台風は毎年日本に上陸し大きな被害をもたらします。これまでに台風は多くの死者をだし、土砂崩れや大雨などによって家屋や町へも支障をもたらし、大災害となっています。台風による被害は計り知れません。少ない時があれば大きな時もあります。
今回は台風がこれまでにどのような被害を与えてきたのか。どのようにすれば最小限に抑えられるのかをご紹介いたします。台風は強い風と大雨を伴います。強風によって看板などの飛来物によってガラスが割れたりします。また、建物自体が壊れたり、ビニールハウスや農作物などにも被害を与えます。ですが、これだけではありません。電線が断線することによっておこる停電や水道管の破損による断水、土砂崩れ、河川の氾濫などがあります。特に停電は、電話ができなかったり得られる情報が得られなくなったりと危険です。情報が得られないと非難が遅れたりする場合があります。断水は、生活に必要な水が得られない分生活に支障が出ます。他にも、飛行機や船の欠航によって島では食糧難に陥る可能性もあります。こうした支障は必ずしも起きてきます。台風が接近してくることは予め予想されます。予想されるということは、予め災害に備えての準備をすることできるということです。対策方法は様々です。ネットで検索すれば対策方法を知ることができます。自分の身を守るためにも前もって準備しておきましょう。するかしないかで大きく変わります。最小限に抑えるために何ができるか、何を準備しておくべきかを改めて考えておきましょう。そして、できることからちょっとづつ行動に移していきましょう。災害はいつ起きるかわかりません。

まず、台風などの自然災害が発生した時に欠かせないのが非常用持ち出し袋、懐中電灯、保存水、アルファ米、非常用トイレ、ラジオ、ろうそくです。これらは日常生活に欠かせないものです。避難する時などに持っておけば心強いです。特に水、懐中電灯、ラジオは絶対に持っておいた方がいいです。ラジオは正確な情報を把握するためにも欠かせないものです。手回し充電が可能なものを選ぶと、電池がない場合でも使用できるので手回し充電が可能なものを持っておきましょう。水は生活に欠かせないものです。水がなければ生きていくことは不可能です。必要最低限の水を持っておくといいです。長期保存のできる水を買っておくといいでしょう。懐中電灯は絶対に欠かしてはなりません。広範囲を照らすタイプや一点を照らすタイプなど様々な種類があります。どちらも用意しておくといいでしょう。懐中電灯もラジオと同様に手回し充電が可能なものの方がいいです。他にも被害を最小限に抑えるためにできることはたくさんあります。強風に備えて窓ガラスに板を設置することができますし、風で飛ばされそうなものを室内に置くなどできることはたくさんあります。大雨には排水溝を掃除したりすることによって洪水が起こりにくくなります。考えればできることはたくさんあります。それをやるか、やらないかで被害の大きさは変わってきます。前もって家族や地域住民と災害に対して話し合い改善することが被害を最小限に抑えるうえで大切です。ネットで検索すれば台風に対しての対策方法や自分の住んでいる地域のハザードマップや避難所の情報を知ることが可能です。自分の身を守るためにも情報をしっかりと把握しておきましょう。

今すぐできることもあります。買わなければいけないものは今すぐとはいきませんが、正確な情報を得ることはいつでもできます。正確な情報を得ることは被害を抑えるうえで最も大切です。正確な情報が得られてないと、いざという時にどうすればいいかわからなくなってパニックになってしまいます。正確な情報を得て予め自分の中でマニュアルをたてておくとパニックにならずスムーズに行動することができます。常に最悪の場合を考えておくと対処しやすいです。自然相手なので何が起こるか予想ができません。いつ土砂崩れが起きて、いつ河川が氾濫するかなんて誰にもわかりません。準備しておくことによって適切な対処をすることができるのです。家族と避難経路を確認したり非常袋を置いてある場所を確認することは、簡単なことですが大切なことです。その簡単で大切なことができてないのが現実です。食事しているときやテレビを見ているときなど、いつでもいいので話し合ってみましょう。話し合いをすることで、わかることもたくさんあります。わかったことを元にして考え直すことで台風による被害を最小限に抑えることが可能になってきます。被害を最小限に抑えることは決して不可能なことではありません。やろうと思えば可能なことなのです。できることができてないが為に台風被害は拡大していくのです。多少でも構いません。やろうとする気持ちが自分の命や家族の命を守るためにも大切なことなのです。簡単なことでもいいので始めてみましょう。

株式会社エス・ケイ通信
http://sk-t.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る